校章・校歌

校章

落部小学校校章

校章の由来

昭和12年より昭和22年7月まで在職していた教員、田中 忠男 氏がデザインしたものですが、制定年月日は明らかになってはおりません。

桜は日本の学校(教育)を表し、桜の中の雄蘂(おしべ)は裏表10本となっています(図案上は表5本)。雄蘂が10本、雄十蘂(おとしべ)とし、互いに結び付いています。
周囲の八稜はヤタノカガミを形どり、中の桜を包んで正しい人の心を映し、中心の○を囲んで力強く進展する学問の道を表しています。
(昭和43年2月5日 開校88周年記念の日の記録より)

校歌

吉田六郎作詞
酒井武雄作曲

一、昇る陽の光内浦湾の
輝く波路朝に臨みて
力新たに文の道
進まんいざや希望の園に

二、澄める月影落部川の
ゆたけき光夕に仰ぎて
心潔くも人の道
果たさん今ぞ至誠の庭に

校歌

 

プリンタ用画面
前
学校沿革
カテゴリートップ
この学校について
次
職員構成